みんなの出産体験談まとめ~パート4~

本日も当ブログにお越し頂き誠ににありがとうございます(*^^*)

今日も頂いたご意見まとめましたので、よろしくお願いします(*^^*)

03.jpg

【出産体験談】予定日9日後の出産

予定日を1週間超えても何も予兆がなかったので、入院して陣痛誘発剤を使いました。

入院した日の夕方には産まれるよと言われていたのに、子宮口が全く開かず、陣痛室から分娩台に移動できたのは入院してから3日目の朝でした。

分娩台に移動してからもなかなか産まれず、先生が吸引して主人がお腹を押して何とか産まれました。

子の首にへその緒が巻き付いていたようで下りて来られなかったようですが、無事に産まれてほっとしたことを覚えています。

【出産体験談】産んでしまえば怖くない。

初めて妊娠をしたっていうことが判明したときは、確かにとてもうれしいとは思っていたのですが、それと同じくらいに知れまで何も入っていなかった自分のおなかの中に新しい生命体が入っているんだっていう不思議な気持ちとこれからどうなるんだろうっていう不安がありました。

特に出産がどれくらい痛いんだろうって不安だったのですが、いざ陣痛が来て産んでしまったらかわいいわが子の顔を見ただけでうれしさが勝って怖くもなんともなかったです。

Sponsored Link





【出産体験談】陣痛の痛みを乗り越えて。

私が経験した陣痛の痛みっていうのは巻末入れずに四六時中ずっと痛くて痛くて仕方がないっていう痛さで、その痛みもまるで刃物で刺されて切り付けられているような痛さで、まだ陣痛の段階ですごく痛くて出産をするのをやめてしまいたいっていうくらいで、こんな状況なのに本当に出産なんてできるのかという不安もあったのですが、いざ出産となったらとにかく必死で早く子供をお腹から出してあげたいっていうその一心でどうにか陣痛の痛さを乗り越えてわが子と出会いました。

Sponsored Link





【出産体験談】子供への期待。

まだ私のおなかの中に子供がいたっていうときには、子供が生まれてきてくれたら将来はどういう風に育って欲しいとか、わが子にはこういう風に子育てをしてあげようとか、こういうお洋服を着せてあげてこういう食事を食べさせてあげたいっていう風にあれこれと子供が生まれたときの期待を胸に抱いていると、最初は出産がすごく不安だったのにこの子のためにも頑張ろうって思えて、出産にも不安はありつつも立ち向かうことができました。

Sponsored Link





【出産体験談】立会出産で励まされた。

私は主人がどうしても出産のときには立会出産がいいという意見だったので、出産のときには主人と一緒に出産をするという事に決めていて、出産というときになったら主人は仕事を切り上げて病院へ駆けつけてくれて一緒に出産ということになったのですが、立会出産中は主人は私に励ましの言葉をかけてくれて汗を拭いたり手を握ったりしてくれて、その甲斐もあって私は一人で出産しているんじゃないって励みになってどうにか長時間かけてわが子を出産できました。


【ご紹介】
妊婦の方で20代・30代・40代の方。

・安産を願っている。

もしくは

・冷えが気になる。

という方がいましたら

元産婦人科勤務の私が【サンシュユ真液LX】というものをオススメしております。

良ければお試し下さい(*^^*)

「無事安産できました!」『サンシュユ真液LX』

この記事へのコメント